ジャイアンツ・コーズウェイは約40,000万の人口が絡み合うエリアです 玄武岩 北アイルランドの北海岸のアントリム州にあるコラム。 この柱は古代の火山活動によって形成され、何百年もの間人気の観光地でした。 ジャイアンツ コーズウェイはユネスコの世界遺産に指定されており、世界で最も印象的な自然の驚異の XNUMX つとして広く考えられています。

ジャイアンツ コーズウェイは、その独特の地質学的特徴により人気の観光地です。 それは 40,000 本を超える玄武岩の柱で構成されており、これらは約 60 万年前の火山噴火の結果として形成されました。 柱は主に六角形で、パズルのピースのように組み合わさり、世界でも類を見ない自然の驚異を形成しています。 さらに、ジャイアンツ コーズウェイの周囲も素晴らしく、海岸沿いの崖、緑の丘、大西洋がその美しさに貢献しています。 訪問者は、このエリアを徒歩で探索して息を呑むような景色を満喫できるだけでなく、教育的な展示やガイド付きツアーでその場所の地質や歴史について学ぶことができます。

玄武岩柱の物理的特徴

ジャイアンツ・コーズウェイの玄武岩の柱は、六角形、多角形、または不規則な形の柱であり、それらがほぼ完璧に組み合わさって、広い範囲に広がる舗装のような表面を形成しています。 柱は、火山岩の一種である黒く細粒の玄武岩でできています。 柱の高さと直径はさまざまで、高さ 12 メートルに達するものもあります。 柱が積み重なっている地域もあれば、自然の橋やアーチを形成している地域もあります。 玄武岩の柱の独特の外観により、ジャイアンツ コーズウェイは人気の観光地になりました。

この地域の地質の説明

ジャイアンツ コーズウェイは北アイルランドのアントリム州にあり、何千もの絡み合った玄武岩の柱からなる独特の地層です。 柱の形状は一般的に六角形ですが、30 角、60 角、XNUMX 角、XNUMX 角、XNUMX 角の柱もあります。 柱の高さは約 XNUMX ~ XNUMX メートル、直径は約 XNUMX ~ XNUMX センチメートルです。

ジャイアンツ コーズウェイは、約 50 万年から 60 万年前の古第三紀の激しい火山活動の時期に形成されました。 溶けた玄武岩溶岩は地形を横切って流れ、最終的には冷えて固まり、その際に収縮して亀裂が入りました。 このプロセスにより、ジャイアンツ コーズウェイを構成する特徴的な多角形の玄武岩の柱が形成されました。

この地域の地質には、火山活動や浸食によって形成された崖、洞窟、アーチなど、他の興味深い特徴も含まれています。 この崖は、玄武岩の柱よりも浸食に強い火山岩の一種であるドレライトでできています。 この地域には、コーズウェイ海岸の厳しい環境と独特の地質に適応した、多くのユニークな動植物種が生息しています。

独特の奇岩がどのようにしてできたのかを解説

ジャイアンツ コーズウェイのユニークな岩層は、約 60 万年前に起こった古代の火山の噴火によって形成されました。 地殻から噴出した溶岩は冷えて固まって広大な台地を形成し、その後収縮して浸食を受けて割れた。

ジャイアンツ コーズウェイを構成する特徴的な玄武岩の柱は、溶岩流が急速に冷えて収縮し、溶岩の表面に六角形の亀裂が形成されたときに形成されました。 溶岩が冷えて収縮し続けると、これらの亀裂は下方に広がり、長い六角柱が形成されました。 柱は玄武岩と呼ばれる硬く緻密な岩石でできており、 マグネシウムやマグネシウムが使われており、高さは最大 12 メートル (40 フィート)、直径は 30 センチメートル (12 インチ) にもなります。

時間が経つにつれて、海が崖を侵食し、柱が露出しました。 できあがった風景は、六角形の柱が絡み合い、海に消えていく飛び石となり、海に向かって伸びる舗装道路のような印象を与えます。

ジャイアンツコーズウェイにまつわる伝説と民間伝承の概要

ジャイアンツ コーズウェイは、長年にわたって多くの伝説や民間伝承にインスピレーションを与えてきました。 ある有名な伝説によると、アイルランドの巨人フィン・マックールが、スコットランドのライバル、ベナンドナーと戦うためにスコットランドへの道としてこの土手道を作ったと言われています。 フィンはベナンドナーの大きさを見て怖くなってアイルランドに逃げ、そこで頭の回転の速い妻が彼を赤ん坊に変装させた。 ベナンドナーは「赤ん坊」の大きさを見て、フィンは巨大なはずだと思い込み、フィンが追えないように背後の土手道を破壊してスコットランドに逃げ帰った。 別の伝説では、フィオンという名前の巨人が海を越えて愛に到達するために土手道を建設したと伝えられています。 さらに別の伝説では、この土手道はアルスターを侵略者から守るためにアイルランドの戦士クー・フーリンによって造られたと言われています。

これらの伝説や同様の伝説は世代を超えて受け継がれ、ジャイアンツ コーズウェイの神秘性と驚異をさらに高めています。

この地域の火山の歴史

ジャイアンツ コーズウェイは北アイルランドの北東海岸に位置し、約 50 ~ 60 万年前の古第三紀に形成された広大な溶岩原であるアントリム高原の一部です。 この土手道は、その地域で起こった火山の噴火によって形成されました。 噴火中に溶岩台地が形成され、溶岩が冷えるにつれて収縮して亀裂が生じ、最終的にジャイアンツ コーズウェイの特徴である独特の多角形の柱が形成されました。

土手道を形成した溶岩は玄武岩質溶岩の一種で、噴火すると比較的流動性が高く、長距離まで流れることができます。 溶岩が地形を横切って流れるにつれて、溶岩は冷えて固まり始め、上部に固い地殻を形成しました。 この地殻はまだ比較的熱く、地表の下では液体でしたが、溶岩が流れ続けるにつれて割れて、特徴的な柱が形成されました。 溶岩が収縮して冷えるにつれて柱が形成され、六角形または五角形のパターンで亀裂が形成されました。

ジャイアンツ コーズウェイを形成した溶岩流は、古第三紀にこの地域で発生した多くの溶岩流のうちの 50 つであり、この地域は現在も火山活動が活発です。 しかし、この地域では XNUMX 万年以上火山の噴火がありません。