大理石は粒状です 変成岩に由来します。 石灰岩 or ドロマイト そしてそれは絡み合った粒子の塊で構成されています。 方解石 またはドロマイトという鉱物。 地球の地殻の古い層の奥深くに埋もれている石灰岩が、その上にある堆積物の厚い層からの熱と圧力にさらされたときに形成される形状。 また、火成岩の貫入近くでの接触変成作用の結果として形成されることもあります。 石灰岩中の不純物は変成作用中に再結晶化する可能性があり、その結果、大理石中に鉱物不純物が生じます。 黒鉛, 黄鉄鉱, 石英, マイカ, 酸化物。 これらが十分な量で存在すると、大理石の質感や色に影響を与える可能性があります。

タージ・マハル、インド タージ・マハルは、光の角度によって色合いが変わる白い大理石、マクラナで作られています。

名前の由来: 「大理石」という言葉は、古代ギリシャ語の「結晶質の岩石、輝く石」を意味するマルマロスに由来します。

大理石の物性

  • 色: 白、ピンク
  • 派生: 石灰岩, ドロマイト
  • 粒度 – 中粒度。 絡み合った方解石の結晶を肉眼で見ることができます。
  • 硬度 – 成分鉱物は柔らかいが、硬い(方解石はモース硬度スケールで 3)
  • 構造: 大規模な
  • グループ: メタモルフィックロックス
  • テクスチャ: 顆粒芽状、顆粒状。
  • トレーニング: 地域または接触変成
  • 酸反応: 大理石は炭酸カルシウムで構成されているため、多くの酸と接触すると反応して酸を中和します。 最も効果的な酸中和剤の XNUMX つです。 多くの場合、粉砕され、川、湖、土壌の酸の中和に使用されます。
  • 硬度: 大理石は方解石で構成されており、モース硬度スケールで XNUMX の硬度を持っています。 そのため彫刻がしやすく、彫刻や装飾品の製作に重宝されています。 大理石の半透明は、さまざまな種類の彫刻にとって特に魅力的です。
  • ポーランド人を受け入れる能力:段階的に細かい研磨剤でサンディングした後、高い光沢まで磨くことができます。 これにより、魅力的な大理石を切断、研磨し、床タイル、建築パネル、化粧石、窓枠、階段の踏み板、柱、その他多くの装飾石材として使用することができます。
  • 主要な ミネラル 大理石の: 方解石
  • 大理石の付属鉱物: 透輝石, トレモライト、アクチノライト、ドロマイト

大理石の由来

大理石は、再結晶した炭酸塩鉱物、通常は方解石またはドロマイトで構成される変成岩の一種です。 大理石の物理的起源は、既存の堆積物や岩石を変化させる熱、圧力、化学活動の組み合わせにまで遡ることができます。 火成岩 この独特の岩タイプに。

大理石は、長期間にわたって激しい熱と圧力にさらされると、既存の岩石から形成されます。 変成作用として知られるこのプロセスにより、元の岩石が再結晶化し、方向を変えて新しい鉱物層が形成されます。 大理石の場合、元の岩石は通常、石灰岩またはドロマイトであり、どちらも主に炭酸カルシウムで構成されています。

石灰岩やドロマイトが高温と高圧にさらされると、化学的および鉱物学的変化が起こります。 元の鉱物と組織は破壊され、その場所に方解石またはドロマイトの新しい結晶が成長します。 この再結晶プロセスにより、大理石の特徴的な粒子の粗い質感と結晶構造が生まれます。

大理石の形成に必要な熱と圧力は、通常、地殻の深さ数キロメートルの深さで発生します。 大理石の形成に必要な正確な条件は、埋葬の深さや期間、岩石の種類、変形の程度など、特定の地質環境によって異なります。

大理石は、次のようなさまざまな地質環境で見つかります。 範囲、 障害 ゾーンと堆積盆地。 世界で最も有名な大理石の採石場のいくつかはイタリア、ギリシャ、トルコにあり、大理石はその美しさと耐久性で何世紀にもわたって珍重されてきました。 今日、大理石は彫刻や建築からインテリアデザインや宝飾品に至るまで、幅広い用途に使用されています。

化学組成

大理石の化学組成は主に炭酸カルシウム (CaCO3) で構成されており、通常、岩石の 90% 以上を占めます。 大理石の特定の種類とその地質学的歴史に応じて、他の鉱物も少量で存在する場合があります。

大理石には、炭酸カルシウムに加えて、石英、雲母、雲母などの他の鉱物が少量含まれている場合があります。 長石、酸化鉄。 これらの鉱物は大理石に特徴的な色や模様を与えることができ、それらは大理石が形成された地質環境によって大きく異なります。

大理石中の炭酸カルシウムの純度は、その品質とさまざまな用途への適合性を決定する重要な要素の XNUMX つです。 一般に、高品質の大理石には炭酸カルシウムの割合が高く、その結果、目に見える不純物が少なく、より緻密で均質な岩石が得られます。

大理石の化学組成は、温度、圧力、形成中の他の鉱物や流体の存在などの要因によっても影響を受ける可能性があります。 たとえば、マグネシウムが豊富な流体の存在下で形成される大理石には、炭酸カルシウムに加えて、いくらかの炭酸マグネシウム (MgCO3) が含まれる場合があります。

全体として、大理石の化学組成は、硬度、耐久性、色、質感などの物理的および美的特性を決定する上で重要な役割を果たします。 このため、彫刻や建築からインテリアデザインやジュエリーに至るまで、幅広い用途で珍重される素材となっています。

大理石の種類とその特徴

大理石はさまざまな種類があり、それぞれに独自の特徴と外観を持つ天然石です。 最も一般的な大理石の種類とその主な特徴を以下に示します。

  1. カララ大理石: これは最も人気がありよく知られているタイプの大理石の XNUMX つで、白または青灰色の色と細かく均一な粒子で知られています。 カラーラ大理石はイタリアで採掘され、彫刻や建物のファサードによく使用されます。
  2. カラカッタ大理石: カラカッタ大理石は、独特の縞模様と明るい白色で知られる高級タイプの大理石です。 ハイエンドの建築プロジェクトや豪華なインテリアデザインによく使用されます。
  3. エンペラドール大理石: このタイプの大理石は、豊かで温かみのある茶色と独特の縞模様が特徴です。 床材、カウンタートップ、暖炉の周囲によく使用されます。
  4. クレマ マーフィル大理石: このタイプの大理石は、クリーミーなベージュ色と比較的均一な木目で知られています。 床材やカウンタートップに人気の素材です。
  5. Statuario 大理石: Statuario 大理石は、その明るい白色と大胆でドラマチックな縞模様で珍重されています。 彫刻やハイエンドのインテリア デザイン プロジェクトによく使用されます。
  6. Nero Marquina 大理石: これは、深い黒色と明るい白い縞模様が特徴の希少なタイプの大理石です。 インテリアのアクセントや装飾によく使われます。

これらの一般的に認識されている種類の大理石に加えて、色、質感、縞模様が異なる多くの種類の大理石があります。 特定の用途に最適な大理石の種類は、耐久性、美的好み、予算などの要因によって異なります。 知識豊富なサプライヤーまたは施工業者と協力して、プロジェクトに適した種類の大理石を選択することが重要です。

形成過程

大理石の形成は、炭酸カルシウムが豊富な堆積物が海底に堆積することから始まります。 時間の経過とともに、これらの堆積物は埋もれ、増大するレベルの熱と圧力にさらされ、変成作用と呼ばれるプロセスを受ける可能性があります。

変態の際には、 堆積岩 加熱および圧縮されると、一連の物理的および化学的変化が生じます。 として 増大する熱と圧力にさらされると、その中の鉱物が再結晶化し始め、新しい鉱物構造と組織が形成されます。 大理石の場合、形成される主な鉱物は炭酸カルシウムであり、炭酸カルシウムが再結晶化して絡み合った粒子となり、岩石にその特徴的な質感と外観を与えます。

大理石の形成に必要な正確な条件は、埋葬の深さや期間、埋葬の種類など、特定の地質環境によって異なります。 堆積岩、変形の程度。 一般に、大理石は、地殻の奥深く、通常は数キロメートルの深さで見られる高温高圧下で形成されます。

大理石は、石灰岩やドロマイトなどの他の種類の岩石の変成作用によって形成されることもあります。 これらの岩石が熱と圧力を受けると、化学的および鉱物学的変化が起こり、大理石に変化します。 これらの変化の正確な性質は、岩石の元の組成、温度と圧力の条件、他の鉱物や流体の存在など、さまざまな要因によって異なります。

全体として、大理石の形成は、地質学的要因と物理的および化学的変化の組み合わせを含む複雑なプロセスです。 得られた岩石は、その美しさ、耐久性、多用途性で高く評価されており、人類の歴史を通して幅広い用途に使用されてきました。

初めに、石灰岩の変成作用と、1200 ~ 1,500 バールおよび摂氏 125 ~ 180 度の間で大理石の高圧および高温への遠隔曝露が行われます。

石灰岩の変成作用には、大理石、追加の鉄、および黒鉛(少量)が必要です。 変成作用が進むと結晶が成長し、方解石が絡み合います 色の変化は不純物作用と変成作用の持続時間の結果です

https://qph.fs.quoracdn.net/main-qimg-c5d7c39130bf906ca5278bdbdfad8c21-c
収束境界

どこで見つかったのか

大理石は、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、北アメリカなど、世界の多くの地域で見つかります。 最も有名で生産性の高い大理石採石場のいくつかは、イタリア、ギリシャ、トルコ、スペイン、中国、米国にあります。

イタリアは世界最高品質の大理石の生産地として知られており、特にトスカーナ州カラーラ地方で産出されます。 カララ大理石は、彫刻から建築、インテリアデザインに至るまで、何世紀にもわたって使用されてきました。

ギリシャも大理石の主要生産国であり、高品質です。 預金 テッサリア、マケドニア、ペロポネソス半島などの地域にあります。 古代ギリシャ人は彫刻や建築に大理石を多用したことで知られており、ギリシャの大理石は今日でも高く評価されています。

トルコは大理石の主要生産国でもあり、数千年に遡る大理石の採石と加工の豊かな伝統があります。 トルコの大理石は、その品質、多様性、独特の模様と色で知られています。

米国では、大理石はバーモント州、コロラド州、ジョージア州などのいくつかの州で発見されています。 特にバーモント州大理石はその品質の高さで知られており、米国最高裁判所やリンカーン記念堂など、多くの象徴的な建物や記念碑に使用されています。

全体として、大理石鉱床の位置と品質は、岩石の種類、鉱床の年齢と深さ、他の鉱物や不純物の存在などの地質学的要因によって大きく異なります。 採石場や加工施設は大理石の供給源の近くにあることが多いですが、完成品は世界のさまざまな場所に輸送されて使用される場合があります。

大理石の領域を使用

大理石は、何世紀にもわたってさまざまな用途に使用されてきた、多用途で美しい天然石です。 大理石が使用される最も一般的な用途と分野は次のとおりです。

  1. 建築と建築: 大理石は、建物のファサード、内壁、床材、柱、アーチ、モールディングなどの装飾要素によく使われます。 インドのタージマハル、ギリシャのパルテノン神殿、米国のリンカーン記念堂など、世界で最も象徴的な建物のいくつかで何世紀にもわたって使用されてきました。
  2. 彫刻: 大理石は粒子が細かく、細部まで保持できるため、彫刻に理想的な素材です。 ミケランジェロのダビデ像やミロのビーナスなど、世界で最も有名な彫刻の多くは大理石で作られています。
  3. カウンタートップとテーブルトップ: 大理石は、ダイニングテーブルやコーヒーテーブルだけでなく、キッチンやバスルームのカウンタートップにも人気があります。 耐久性、耐熱性に優れ、お手入れも簡単で、色や柄も豊富です。
  4. 床材: 大理石の床材は、住宅および商業用途に豪華でエレガントな選択肢です。 耐久性があり、メンテナンスが簡単で、資産の価値を高めることができます。
  5. 造園: 大理石は、擁壁、小道、庭園の彫刻などの造園や屋外のハードスケープに使用できます。
  6. 美術品や工芸品: 大理石は、モザイク細工、ジュエリー製作、彫刻など、さまざまな美術品や工芸品のプロジェクトに使用できます。

全体として、大理石は独特の美しさ、耐久性、多用途性により、幅広い用途で珍重される素材となっています。 その用途は、デザイナー、建築家、職人の想像力と創造力によってのみ制限されます。

Marbleの要点まとめ

  • 大理石は、石灰岩やドロマイト岩の変成作用によって形成される自然石です。
  • 主に炭酸カルシウムで構成されており、独特の外観と耐久性を与える結晶構造を持っています。
  • 大理石にはさまざまな種類があり、色、縞模様、鉱物含有量などの要素に基づいて、それぞれ独自の特徴があります。
  • 大理石は、建物や建築、彫刻、カウンタートップやテーブルトップ、床材、造園、美術品や工芸品などに人気の素材です。
  • その美しさ、耐久性、多用途性により、幅広い用途で珍重される素材となっています。
  • 通常は白色ですが、色が異なる場合もあります。
  • 古くから彫刻や床材などに使われてきました。
  • インドのタージマハルは総大理石でできています。
  • 通常、石灰岩またはドロマイトとして産出されます。
  • 方解石とドロマイトの結晶と アラゴナイト 大理石の主成分です。
  • 汚染は大理石の色です。
  • それは通常、他のものの間で見つかります 変成岩 など 片麻岩 そして雲母片岩。

参考文献