単に「凝灰岩」とも呼ばれる凝灰岩は、 堆積岩 火山灰やその他の火山の破片が固まって形成されるもの。 これは、爆発的な火山の噴火によって生じる独特の岩石で、その際に熱い灰、岩石の破片、ガスの混合物が大気中に放出されます。 これらの物質が沈降して蓄積すると、最終的には圧縮され、セメントで固まって凝灰岩を形成することがあります。

お名前 起源: 火山性凝灰岩としても知られるイタリアの凝灰岩に由来する凝灰岩の名前

テクスチャー: 火砕流

Origin: 押し出し/火山

化学組成:フェルシック

Color: ライトブラウンからダークブラウン

ミネラル成分: 主にガラス

その他: ライトグレー 軽石 白い灰の母材の破片

地殻環境: 収束境界 – アンデス型沈み込み帯、大陸内のホットスポットおよび地溝帯

凝灰岩の分類と組成

凝灰岩は、火山灰やその他の火山残骸が固まって形成された堆積岩の一種です。 鉱物の組成、組織、形成に関与するプロセスに基づいて、幅広い特性を示すことができます。 凝灰岩の分類と組成は次のように説明できます。

  1. テクスチャに基づく分類:
    • 石質凝灰岩: 石質凝灰岩は主に火山岩の破片と火山灰から構成されています。 それらは断片的なテクスチャーを持ち、多くの場合、さまざまなサイズの角ばったものから丸い岩の破片が含まれています。
    • ガラス質凝灰岩: ガラス質凝灰岩には火山ガラスの破片が豊富に含まれており、ガラス状の外観を持っています。 また、ガラスマトリックスに埋め込まれた小さな鉱物結晶が含まれる場合もあります。
    • 水晶凝灰岩: 水晶凝灰岩には、次のような鉱物の結晶が大量に含まれています。 長石, 石英, マイカ、火山灰のより細かいマトリックスに埋め込まれています。 これらの結晶は、噴火前のマグマに由来する斑晶である可能性があります。
    • 降灰凝灰岩: 降灰凝灰岩は、大気からの細かい火山灰粒子が直接沈降することで生じます。 多くの場合、きめの細かいテクスチャーを持ち、広範囲に広がる可能性があります。
  2. 組成に基づく分類:
    • 流紋岩質凝灰岩: 流紋岩質凝灰岩は、流紋岩の噴火による火山灰と破片で構成されています。 通常、シリカを豊富に含む成分が高い割合で含まれています。 ミネラル石英や長石など。
    • 安山岩凝灰岩: 安山岩質凝灰岩は、安山岩質火山の噴火に由来し、流紋岩質凝灰岩と玄武岩質凝灰岩の中間の組成を持っています。 などのミネラルが含まれている可能性があります。 斜長石長石 > 角閃石.
    • 玄武岩質凝灰岩:玄武岩質凝灰岩は玄武岩質の火山活動に由来し、次のような鉱物が含まれています。 輝石 > かんらん石。 苦鉄質鉱物の存在により、多くの場合、より暗い色になります。
  3. その他の特徴:
    • 軽石凝灰岩: 軽石凝灰岩には軽石が豊富に含まれており、泡状の質感を持つ非常に気泡の多い火山ガラスです。 これらの凝灰岩は多くの場合軽量で、優れた断熱特性を持っています。
    • 凝灰岩質 砂岩: 凝灰質砂岩は、砂サイズの粒子とともに大量の凝灰岩の破片を含む岩石です。 凝灰岩と砂岩の間の移行を表しています。

凝灰岩の組成は、特定の火山源、噴火様式、その後の続成過程によって大きく異なります。 凝灰岩で見つかる主な鉱物には、石英、長石(斜長石とカリ長石の両方)、雲母、火山ガラス、およびさまざまな付属鉱物が含まれます。 斑晶、鉱物の存在 変更, 風化 製品は凝灰岩の組成にさらに影響を与える可能性があります。

要約すると、凝灰岩の分類と組成は、火山源物質、噴火の力学、堆積条件、その後の地質学的プロセスなどの要因によって影響されます。 これらの変化は、凝灰岩の種類の多様性と、地球の歴史と地質学的過程を理解する上でのそれらの重要性に貢献します。

溶結凝灰岩

溶結凝灰岩

溶結凝灰岩は、堆積時に互いに溶着するのに十分な熱を持った火砕岩です。 岩石の中に豆大の破片やフィアンメが散在している場合、それは一般に溶結火山礫凝灰岩と呼ばれます。 溶接中に、ガラスの破片と軽石の破片がくっつき、変形して圧縮されます。

流紋岩質凝灰岩

流紋岩質凝灰岩

凝灰岩は一般に、それを構成する火山岩の性質に従って分類されます。 流紋岩 凝灰岩には、石英、アルカリ長石、軽石、ガラス質の破片、小さなスコリエが含まれています。 黒雲母砕かれた軽石は透明で等方性であり、非常に小さな粒子は一般に三日月形、鎌形、または両凹形の輪郭を持ち、これらが灰構造と表現されることもある小胞ガラスの粉砕によって生成されたことを示しています。

トラキテ 凝灰岩

粗面岩凝灰岩にはほとんど、またはまったく含まれていません 石英、でもたくさん サニディン or 斜長石 そして時々オリゴクレース 長石、時々 黒雲母, 輝石, 角閃石。 風化すると、多くの場合、二次石英を含むカオリンが豊富な、柔らかい赤または黄色の粘土石に変化します。

安山岩凝灰岩

安山岩凝灰岩

色は赤または茶色です。 スコリエの破片は、巨大なブロックから微細な粒状の塵まで、あらゆるサイズがあります。 空洞は多くの二次鉱物で満たされています。 方解石, 亜塩素酸塩, 石英, エピドートまたは 玉髄; しかし、顕微鏡断面では、元の溶岩の性質は、分解されたガラス質の基部に生じる小さな結晶の形状と特性からほぼ常に判断できます。

玄武岩質凝灰岩

玄武岩質凝灰岩

玄武岩質凝灰岩は、以下の地域の両方で広く発生しています。 火山 現在、噴火はずっと前に終わった土地で活発に活動しています。 色は黒、深緑、または赤です。 粗さは大きく異なり、直径XNUMXフィート以上の丸い海綿状の爆弾が詰まっているものもある。 潜水艦であることが多いため、 頁岩, 砂岩、砂、その他の堆積物であり、時には化石となることもあります。

超苦鉄質凝灰岩

超苦鉄質凝灰岩は非常にまれです。 特徴は、オリビンや サーペンタイン そして長石と石英の不足または欠如。 まれに、異常な表面が含まれる場合があります 預金 マールスの キンバーライト アフリカ南部およびその他の地域のダイヤモンド産地。 の主要な岩 キンバーライト 濃い青みがかった緑色で、蛇紋岩が豊富です 角礫岩 (青地)、完全に酸化して風化すると、砕けやすい茶色または黄色の塊になります(「黄地」)。

折り畳みと変成

時間の経過とともに、風化以外の変化が凝灰岩の堆積物を追い越す可能性があります。 場合によっては、折り曲げに関与し、せん断され、劈開されることがあります。 緑色は、大規模な発達によるものです。 亜塩素酸塩。 多くの地域の結晶片岩の中には、石英、角閃石、緑泥石、緑泥石などからなる緑色層または緑色片岩が存在します。 黒雲母, 酸化物、長石などであり、おそらく再結晶または変成凝灰岩である。 多くの場合、それらは、対応する溶岩や敷石である片岩である落葉岩や角閃石の塊を伴います。 緑泥石片岩の一部もおそらく火山凝灰岩の変質層です。

凝灰岩の形成過程

  1. 火山の噴火と火山灰の発生: 凝灰岩は爆発的な火山噴火の結果として形成されます。 このような噴火の際には、溶岩、灰、ガス、その他の火山物質が火山噴火口から激しく放出されます。 噴火した物質には、細かい灰の粒子、大きな岩の破片、軽石、さらには溶岩が含まれる場合があります。 噴火の爆発性はマグマの組成に影響されることが多く、シリカが豊富なマグマはより爆発的な噴火を引き起こす傾向があります。
  2. 火山灰の堆積と圧縮: 火山灰やその他の破片は、大気中に放出されると、風と重力によって運ばれます。 時間が経つと、これらの物質は地球の表面に沈降します。 より細かい火山灰の粒子は長距離まで移動し、広範囲を覆う火山灰の層を形成します。 これらの層が蓄積すると、層序的な一連の火山灰堆積物が形成されます。 蓄積した層の重量とさらなる堆積および水の浸透が組み合わされて、火山灰が圧縮されます。
  3. 凝灰岩の続成作用と石化作用: 続成作用とは、堆積物が時間の経過とともに埋もれ、圧縮されるときに生じる物理的および化学的変化を指します。 凝灰岩の場合、続成作用は、緩い火山灰堆積物を固体の岩石に変える際に重要な役割を果たします。 必要な手順は次のとおりです。 圧縮: 火山灰の層が蓄積すると、上に重なる堆積物の重みで火山灰粒子が圧縮され、火山灰粒子間の細孔空間が減少します。 セメンテーション: 地下水は圧縮された灰層を通って浸透し、溶液中に溶解したミネラルを運びます。 これらの鉱物は沈殿して灰粒子間の細孔空間を埋めることができ、粒子を結合する天然セメントとして機能します。 鉱物化: 時間の経過とともに、地下水内のミネラルが火山灰と反応し、新しいミネラルの形成や既存のミネラルの変化につながる可能性があります。 この鉱化作用により岩石はさらに強化されます。 石化: 圧縮、セメンテーション、鉱化作用の組み合わせにより、火山灰層が石化して固体の凝灰岩に変化します。 一度緩んでいた灰は、明確な層と強化された構造を備えた一貫した岩石ユニットになります。

得られる凝灰岩は、元の火山粒子の大きさ、圧縮の程度、続成作用で析出する鉱物の種類などの要因に応じて、細粒から粗粒までのさまざまな組織を示します。 凝灰岩は明るい色と多孔質の性質を特徴とすることが多く、他の種類の凝灰岩とは区別されます。 堆積岩。 時間が経つにつれて、凝灰岩は地質学的記録の不可欠な部分となり、過去の火山活動や環境条件についての洞察を提供します。

凝灰岩の地質的特徴

  1. 質感、粒度、気孔率:
    • テクスチャー: 凝灰岩は、火山粒子のサイズや圧縮の程度などの要因に応じて、さまざまな質感を示すことができます。 粒度の細かいものから粗いものまでさまざまです。 細粒凝灰岩は粒子が小さく、密に詰まっていますが、粗粒凝灰岩は粒子が大きく、より緩く配置されています。
    • 粒径: 凝灰岩の粒径は、岩石を構成する火山灰や瓦礫の大きさによって決まります。 これは、微細な粒子から目に見える岩石の破片や軽石までさまざまです。 粗粒凝灰岩には、異なるサイズの粒子の明確な層または帯がある場合があります。
    • 気孔: 凝灰岩は通常、岩石内の開いた空間または空隙の量を指す多孔性によって特徴付けられます。 凝灰岩の多孔性は、火山粒子間の元々の空間とその後の圧縮およびセメンテーションのプロセスの結果です。 空隙率が高いと、岩石の強度、保水能力、その他の物理的特性に影響を与える可能性があります。
  2. 鉱物組成と斑晶の存在:
    • ミネラル成分: 凝灰岩の鉱物組成は、主に元の火山灰や火山砕石に含まれる鉱物によって決まります。 凝灰岩で見つかる一般的な鉱物には、石英、長石、雲母、さまざまな火山ガラスの破片などがあります。 これらの鉱物は続成作用中に変質および石化を受け、新しい鉱物の形成につながる可能性があります。
    • 斑晶: 斑晶は、凝灰岩の細粒マトリックス内に埋め込むことができるより大きな結晶です。 これらの結晶は、多くの場合、噴火前に火山のマグマ内で形成され、その後、噴火中に灰や破片に組み込まれます。 斑晶の存在は、火山物質の組成と起源についての手掛かりを提供する可能性があります。
  3. 色の変化と地質学的意味:
    • Color: 凝灰岩は、鉱物含有量と酸化鉄やその他の顔料の存在に応じて、白、灰色、茶色、赤、さらには緑の色合いを含む幅広い色を表示できます。 色は、火山物質の元の組成だけでなく、その後の化学変化や風化プロセスの影響を受ける可能性があります。
    • 地質学的意味: 凝灰岩の色の変化は、堆積環境、火山源、岩石の歴史についての貴重な情報を提供します。 例えば:
      • 明るい色の凝灰岩は、シリカを豊富に含む火山物質の割合が高いことを示している可能性があります。
      • 暗い色は、火山ガラスまたは苦鉄質鉱物の存在を示唆している可能性があります。
      • 赤や茶色の色合いは、酸化鉄の存在によって生じることが多く、酸化状態を示している可能性があります。
      • 緑がかった凝灰岩は、マグネシウムと鉄を豊富に含む火山活動に関連している可能性があります。
      • 層内の色の変化は、時間の経過に伴う火山活動の変化を反映している可能性があります。

地質学者は、これらの地質学的特徴を他の野外観察や実験室分析と併せて使用して、凝灰岩の起源、堆積履歴、および形成時の潜在的な環境条件を解釈します。 凝灰岩を研究すると、過去の火山噴火、堆積過程、地質時代にわたる地表の変化についての洞察が得られます。

タフロックの分布と産状

  1. 凝灰岩鉱床の世界的な分布: 凝灰岩の堆積物は世界のさまざまな場所で発見されており、多くの場合、過去または現在の火山活動があった地域に関連しています。 それらは、活火山の近く、火山弧に沿って、火山カルデラ内、または古代の火山活動が起こった地域に位置する可能性があります。 凝灰岩の堆積物はほぼすべての大陸に存在し、火山活動の歴史やさまざまな地域の地質学的進化について貴重な洞察を得ることができます。
  2. 特定の火山地域の凝灰岩層:
    • 地中海地方: 地中海地域は凝灰岩の形成でよく知られています。 たとえば、ローマ市は凝灰岩の堆積物の上に建設されており、コロッセオやフォロ ロマーノなどの多くの史跡には凝灰岩をベースにした構造物が特徴です。
    • イエローストーン 国立公園、アメリカ: 超火山であるイエローストーン カルデラは、その歴史を通じて大規模な凝灰岩の堆積物を生成してきました。 この公園には、過去の噴火によって生じた一連の火山灰堆積物である、有名なイエローストーン凝灰岩があります。
    • カッパドキア、 七面鳥: この地域は、「妖精の煙突」として知られる独特の凝灰岩の形成で有名です。 凝灰岩の浸食により、住居、教会、その他の建造物として使用されてきた見事な岩層が形成されました。
    • 凝灰岩のリングと錐体: ニュージーランドや米国の一部などの一部の火山地域には、爆発的なマグマ水蒸気噴火によって形成された凝灰岩のリングや円錐形が特徴です。 これらの噴火にはマグマと水の相互作用が含まれ、その結果蒸気と灰が噴出します。

過去の火山活動を理解する上での凝灰岩の重要性:

  1. 噴火の歴史: 凝灰岩堆積物は、噴火の頻度、強度、様式に関する情報を含む、過去の火山噴火の記録を提供します。 凝灰岩の層と特徴を研究することは、科学者がその地域の火山活動の歴史を再構築するのに役立ちます。
  2. 火山の危険性: 凝灰岩の形成を分析することは、火山によってもたらされる潜在的な危険を評価するのに役立ちます。 凝灰岩の堆積物を生成した噴火の種類を理解することで、科学者は将来の火山現象をより適切に予測し、それに備えることができます。
  3. 成膜プロセス: 凝灰岩堆積物は、灰の堆積、堆積、浸食のプロセスについての洞察を提供します。 これらは研究者が火山物質が空気や水によってどのように輸送されるかを理解するのに役立ち、堆積過程の全体的な理解に貢献します。
  4. 気候と環境の変化: 凝灰岩の鉱物組成と地球化学的特徴は、噴火時の環境条件に関する情報を提供することができます。 凝灰岩層は、特定の地質時代のマーカーとして機能し、過去の気候変動の研究に役立ちます。
  5. マグマの進化鉱物学 そして凝灰岩の化学はマグマ源の組成と進化についての詳細を明らかにすることができます。 凝灰岩内の斑晶と鉱物の集合体は、火山の配管システムの性質についての洞察を提供します。
  6. デートのテクニック: 凝灰岩の堆積物には、放射年代測定法を使用して年代を特定できる鉱物が含まれていることがよくあります。 これらの日付は、火山および地質学的事象の年代順の枠組みを確立するのに役立ち、地質学的タイムラインの構築に役立ちます。

要約すると、凝灰岩堆積物は、過去の火山活動、堆積過程、環境条件に関する情報を提供する貴重な地質学的アーカイブです。 それらは、地球の歴史、火山システムのダイナミクス、地圏と周囲の環境の間の相互作用の理解に貢献します。

凝灰岩の岩石学的分析

岩石学的分析には、以下の詳細な研究が含まれます。 凝灰岩を含む、その鉱物組成、組織、全体的な起源を理解するために、顕微鏡レベルと巨視レベルで観察します。 凝灰岩サンプルの岩石学的分析のプロセスは通常どのように展開されるかを次に示します。

  1. サンプルの準備:
    • 凝灰岩サンプルは現場またはドリルコアから収集されます。
    • 特殊な装置を使用してサンプルを薄いセクションに切断すると、岩石の薄いスライスが得られ、岩石顕微鏡で観察できます。
  2. 顕微鏡検査:
    • 凝灰岩の薄い部分は岩石顕微鏡で観察され、鉱物の組成、組織、鉱物粒子間の関係を詳細に検査することができます。
    • 鉱物の形状、サイズ、色、方向などの主要な特徴が記載されています。
  3. 鉱物と成分の同定:
    • 鉱物の識別にはさまざまな方法が含まれます。 光学特性複屈折、色、へき開などを調べて、存在するミネラルを特定します。
    • 凝灰岩で見つかる一般的な鉱物には、石英、長石、雲母、火山ガラス、およびさまざまな付属鉱物が含まれます。
    • 斑晶が存在する場合は識別され、その鉱物学的特徴が記録されます。 斑晶は、凝灰岩のより細かいマトリックス内に埋め込まれたより大きな結晶です。
  4. 質感と構造:
    • 岩石学者は凝灰岩の組織を検査します。これには、粒子サイズ、粒子の配置、小胞 (気泡) の存在などの特徴が含まれます。
    • 小胞は、噴火の爆発性の程度とマグマのガス含有量についての洞察を提供します。
  5. 地球化学分析と火山史への洞察:
    • 地球化学分析には、主要元素と微量元素を含む凝灰岩の化学組成を決定することが含まれます。
    • 蛍光 X 線 (XRF) と誘導結合プラズマ質量分析 (ICP-MS) は地球化学分析の一般的な技術です。
    • 地球化学データは、火山物質の源、マグマの性質、および時間の経過に伴う火山活動の潜在的な変化についての洞察を提供します。
    • 同位体分析(放射性同位体など)は、凝灰岩の年代やその下にある火山過程を決定するのに役立ちます。
  6. 鉱物の変質と風化:
    • 岩石学者は鉱物の変質や風化の兆候を評価し、凝灰岩の堆積後の変化に関する情報を得ることができます。
  7. 結果の統合:
    • 顕微鏡検査、鉱物の同定、組織分析、地球化学的研究の結果を統合して、凝灰岩の岩石学的特徴と地質学的歴史についての包括的な理解を構築します。

凝灰岩サンプルの岩石学的分析は、過去の火山現象を解明し、凝灰岩堆積物が形成された条件を理解し、地域のより広範な地質学的背景を解読するために重要です。 この分析は、火山プロセス、マグマの進化、地球の動的な歴史に関する知識に貢献します。

凝灰岩の工学的および産業的応用

  1. 凝灰岩の建築資材としての利用: 凝灰岩は、その軽量性、採石の容易さ、加工性などの優れた特性により、何世紀にもわたって建築材料として使用されてきました。 建設におけるその用途には次のようなものがあります。
    • 建物のファサード: 凝灰岩は、ブロックに切断したり彫刻して、建物の装飾的なファサードや建築的な細部を作成することができます。
    • 構造コンポーネント: 凝灰岩ブロックは、建設プロジェクトの耐力壁や構造要素として使用できます。
    • 装飾要素: 凝灰岩の柔らかさは複雑な彫刻を可能にし、装飾品、彫刻、レリーフに適しています。
    • 歴史文化遺産: 世界中の多くの古代の建造物や記念碑は凝灰岩で作られており、その歴史的および文化的重要性に貢献しています。
  2. コンクリート中の軽量骨材としての凝灰岩: 凝灰岩は粉砕してコンクリート製造の軽量骨材として使用することもできます。 凝灰岩骨材で作られた軽量コンクリートには、いくつかの利点があります。
    • 軽量化: 凝灰岩骨材で作られた軽量コンクリートは、従来のコンクリートよりも大幅に軽いため、重量が懸念される用途に役立ちます。
    • 断熱: 凝灰岩の多孔質の性質は、軽量コンクリートの断熱特性の向上に貢献します。
    • 収縮の低減: 凝灰岩骨材はコンクリートの全体的な収縮を軽減し、耐久性の向上につながります。
    • 作業性:凝灰岩骨材を使用した軽量コンクリートは施工性が向上し、打設や仕上げが容易になります。
  3. タフの役割 地熱エネルギー 生産: 凝灰岩は、特に高温の地熱資源がある地域において、地熱エネルギーの生産において重要な役割を果たしています。 地熱発電所は、地球内部からの熱を利用して電気を生成します。 タフの特性はこのプロセスに貢献します。
    • リザーバーロック: 凝灰岩は、地下熱によって生成された熱水または蒸気を含む貯留岩として機能します。 凝灰岩の多孔質の性質により、地熱流体の貯蔵と移動が可能になります。
    • 透過性: 凝灰岩の浸透性により、地熱流体が割れ目や細孔を通って流れることができ、エネルギーの生成に使用できる高温流体の循環が促進されます。
    • 強化型地熱システム (EGS): 凝灰岩層は、高温の岩石に水を注入してエネルギー生産のための人工地熱貯留層を作成する、強化地熱システムでも使用できます。

凝灰岩の多用途性、軽量性、多孔質特性により、さまざまな工学および産業用途に適しています。 建設、コンクリート製造、地熱エネルギーにおけるその使用は、持続可能な開発と資源利用に貢献する上でのその重要性を強調しています。

凝灰岩の考古学的および古生物学的重要性

  1. 保存媒体としての凝灰岩 化石: 凝灰岩は、その急速な埋没と保護特性により、化石の保存において重要な役割を果たすことができます。 火山灰や瓦礫が生物やその他の物質を覆うと、腐敗を防止したり遅らせたりできる保護環境が形成されます。 タフォノミーとして知られるこのプロセスは、 つながる 化石の優れた保存を実現し、失われる可能性のある詳細を捕捉します。 凝灰岩の堆積物内に保存されている化石は、古代の生態系、種、進化の歴史についての貴重な洞察を提供します。
  2. 考古学的年代測定と凝灰岩の役割 層序学: 凝灰岩の堆積物は、考古学的および地質学的層序学における重要なマーカーです。 これらは、堆積岩や火山岩のさまざまな層の年代を特定したり、相互に関連付けたりするために使用できます。
    • 放射年代測定: 凝灰岩鉱床内の一部の鉱物。 ジルコン または長石には、時間の経過とともに崩壊する放射性同位体が含まれています。 親同位体と娘同位体の比率を分析することで、科学者は凝灰岩層の年代を決定し、その中で発見された化石や遺物の最小年代を知ることができます。
    • 親戚のデート: 凝灰岩層は一時的なマーカーとして機能し、考古学者や地質学者がさまざまな場所での出来事の相対的な順序を確立できるようになります。 凝灰岩層は、その独特の鉱物学的性質と組成に基づいて、サイト間で相互に関連付けることができます。
  3. 有名な凝灰岩遺跡とその歴史的重要性:
    • ラエトリ(タンザニア): ラエトリ遺跡の凝灰岩層には初期の人類の足跡が含まれており、約 3.6 万年前の人類の行動や移動に関する貴重な情報が得られます。
    • ポンペイとヘルクラネウム、イタリア: 西暦 79 年のヴェスヴィオ山の噴火は、古代ローマの都市ポンペイとヘルクラネウムを凝灰岩と火山灰で覆いました。 これにより、建物、美術品、さらには住民の遺跡も含めてこれらの都市が保存され、当時のローマの生活のユニークなスナップショットが得られました。
    • オルドバイ渓谷、タンザニア: オルドバイ峡谷の凝灰岩層からは、石器や人類の遺骨など、重要な考古学的および古生物学的な発見が得られ、人類の進化の理解に貢献しています。
    • タウン、南アフリカ:タウンの凝灰岩層には、1924年にレイモンド・ダートによって発見されたアウストラロピテクス・アフリカヌス種の初期人類である「タウン・チャイルド」の化石化した頭蓋骨が含まれていました。

これらの凝灰岩の遺跡や他の多くの遺跡は、人類の歴史、進化、そして私たちの祖先が住んでいた古代の環境についての重要な洞察を提供してきました。 化石の保存と年代順の枠組みの確立におけるタフの役割は、地球の過去と地球上の生命の発展についての理解に大きく貢献してきました。