ラテライト語 預金 の一種であります 風化 熱帯および亜熱帯地域でラテリゼーションの過程を経て形成される産物。 ラテリゼーションには、シリカやその他の可溶性物質の浸出が含まれます。 の残留濃度が残ります。 > アルミニウム 酸化物。 ラテライトとして知られる、得られた堆積物は、特に酸化鉄の含有量による独特の赤または茶色の色を特徴とします。 ヘマタイト > 針鉄鉱.

ラテライト鉱床の主な特徴には、高度に風化した多孔質の性質があり、高温と多雨の地域で形成される傾向があります。 ラテライトは、有機物質が豊富な表土層と鉄と酸化アルミニウムが大半を占める下層など、明確な地平線を持つ層状構造を示すことがよくあります。

地質環境: ラテライト鉱床は熱帯および亜熱帯地域でよく見られ、高温と豊富な降雨の組み合わせにより岩石の急速な風化が促進されます。 このプロセスは、次のような特定の地質および気候条件を持つ地域で最も顕著です。

  1. 玄武岩質の親岩: ラテライトは、鉄分が豊富で風化を受けやすい玄武岩質岩の上で発生することがよくあります。 玄武岩質の母岩は火山地帯に多く見られます。
  2. 降雨量の多い地域: 浸出と風化のプロセス つながる 化学反応に水が重要な役割を果たすため、年間降雨量が多い地域では、ラテライト鉱床への影響が強化されます。
  3. 熱帯気候: 熱帯気候の温暖な気温は岩石の風化を促進し、岩石の破壊を促進します。 ミネラル 酸化鉄と酸化アルミニウムの濃度。
  4. 酸性条件: 酸性条件は土壌中の有機物の分解によって生じることが多く、シリカやその他の可溶性成分の浸出に寄与します。

地殻における重要性: ラテライト堆積物は、いくつかの理由から地球の地殻において重要です。

  1. ボーキサイト トレーニング: アルミニウム製造に不可欠な鉱石であるボーキサイトは、多くの場合、ラテライト風化プロセスの結果として形成されます。 ラテライト質ボーキサイト鉱床は、世界的に重要なアルミニウム源です。
  2. 鉄鉱石: 一部のラテライト鉱床には酸化鉄が豊富に含まれており、鉄の形成に寄与しています。 鉱床。 これらの鉱床は、経済的に重要な鉄源となる可能性があります。
  3. ニッケル > コバルト: 特定のラテライト鉱床はニッケルおよびコバルト鉱物の蓄積に関連しており、合金や電池の生産のための貴重な資源となっています。
  4. 土壌形成: ラテライトは熱帯土壌の形成に貢献します。 栄養分が少ないため農業には適していないかもしれませんが、景観を形成し、生態系に影響を与える役割を果たしています。

ラテライト鉱床の形成と特徴を理解することは、特に貴重な金属や鉱物の採掘において、資源の探査と抽出にとって重要です。

ラテライト鉱床の形成過程

ラテライト質ボーキサイト鉱床 

ラテライト堆積物の形成は、岩石の風化とその後の独特の土壌プロファイルの発達を伴う複雑なプロセスです。 ラテライト堆積物の形成における重要な手順は次のとおりです。

  1. 物理的風化: 霜の作用、温度変化による膨張と収縮、植物の根の作用などのプロセスを通じて、岩石がより小さな粒子に機械的に破壊されること。
  2. 化学的風化: 岩石中の鉱物と水の間の化学反応により、可溶性鉱物が溶解します。 ケイ酸塩鉱物など 長石 > かんらん石、化学変化を起こし、シリカを溶液中に放出します。
  3. 浸出: 水の浸透による可溶性要素、特にシリカの除去。 この浸出プロセスにより、残留物質中の酸化鉄と酸化アルミニウムが濃縮されます。
  4. 加水分解: 水の存在下でミネラルが分解され、二次ミネラルが形成されます。 たとえば、長石の加水分解により次のような物質が生成されます。 カオリナイト、粘土鉱物。
  5. 酸化: 鉄含有鉱物と酸素との反応により、酸化鉄が形成されます。 このプロセスは、ラテライト堆積物の特徴的な赤または茶色に寄与します。
  6. ラテライトプロファイルの形成: 時間の経過とともに、ラテライト断面内に明確な土壌層が発達します。 表土として知られる最上層には有機物が豊富に含まれていることがよくあります。 その下のラテライト層には、高濃度の鉄とアルミニウムの酸化物が含まれています。

気候、気温、降水量の役割:

  1. 気候: 熱帯および亜熱帯気候は、ラテライト鉱床の形成に重要な役割を果たします。 高温と豊富な降雨の組み合わせにより、風化プロセスが加速されます。 暖かい気温は風化に伴う化学反応を促進し、降雨は浸出に必要な水を供給します。
  2. 温度: 温度が高くなると、化学反応の速度と微生物の活動が増加し、ミネラルの分解が促進されます。 熱帯気候の暖かさは、岩石の急速な風化とラテライトの形成に寄与します。
  3. 降水量: 適切な降雨は、可溶性元素の浸出と輸送に不可欠です。 土壌プロファイルを通る水の移動により、シリカの除去と、ラテライト層の酸化鉄および酸化アルミニウムの濃縮が促進されます。

ラテライトのプロファイルの発達に影響を与える要因:

  1. 親岩の組成: 母岩の鉱物組成、特に鉄とアルミニウムが豊富な鉱物の存在は、形成されるラテライト鉱床の種類に影響を与えます。 玄武岩質岩は一般にラテライトと関連付けられています。
  2. 植生と有機物: 有機物の分解は土壌の酸性度を高め、シリカの浸出を促進します。 植物の根は物理的な風化にも役割を果たし、岩石を破壊し、全体的な風化プロセスを促進します。
  3. 地形: 傾斜と排水パターンは、土壌プロファイルを通る水の動きに影響を与えます。 急な斜面では水の流れが速まり、鉱物の浸出や輸送に影響を与える可能性があります。
  4. 時間: ラテライト堆積物の形成は時間に依存するプロセスです。 風化プロセスが長く進行するほど、ラテライトのプロファイルはより発達します。

これらの要因を理解することは、ラテライト鉱床の発生と特徴を予測するために重要であり、ひいてはそのような地質学的特徴を持つ地域における資源探査や土地利用計画に影響を及ぼします。

ラテライト鉱床の鉱物学

の事前評価 GPR ニッケルラテライト探査用 – ResearchGate の科学図。 以下から入手可能: https://www.researchgate.net/figure/Typical-Laterite-Weathering-Profile-and-Mineral-Concentrations-courtesy-LD-Queen_fig1_241449267 [18 年 2023 月 XNUMX 日にアクセス]

ラテライト質の土壌や岩石によく見られる鉱物:

  1. カオリナイト: 風化中の長石の加水分解によって生じる粘土鉱物。 カオリナイトは、ラテライト質プロファイルの表土層でよく見つかります。
  2. ギブサイト: ボーキサイトや長石などの一次鉱物の風化の生成物として形成される水酸化アルミニウム鉱物。
  3. ヘマタイトとゲーサイト: ラテライト鉱床の特徴的な赤または茶色の原因となる酸化鉄。 これらの鉱物は、風化中の鉄含有鉱物の酸化によって形成されることがよくあります。
  4. 石英: 風化プロセスにより他の鉱物が選択的に除去される場合、残留石英がラテライト堆積物に存在する可能性があります。
  5. ボーキサイト: ラテライト質ボーキサイト鉱床には、ギブサイト、ベーマイト、アルミニウム鉱物が豊富に含まれています。 ディアスポア。 ボーキサイトはアルミニウム鉱石の主要な供給源です。
  6. 粘土: カオリナイト以外にも、 粘土鉱物 など スメクタイト > イライト ラテライト質土壌中に存在する可能性があります。

風化中の一次鉱物から二次鉱物への変化:

ラテライト鉱床における一次鉱物の風化にはいくつかのプロセスが含まれ、鉱物の変態が起こります。 主な変換には次のようなものがあります。

  1. 長石の風化: 多くの岩石に含まれる一般的な鉱物である長石は、加水分解を受けてカオリナイトやその他の粘土鉱物を形成します。 このプロセスには、長石が可溶性イオンに分解され、その後カオリナイトが沈殿します。
  2. ボーキサイトの形成: 長石やアルミノケイ酸塩などのアルミニウムを多く含む鉱物が風化すると、ボーキサイトが形成されることがあります。 ボーキサイトは通常、ギブサイト、ベーマイト、ダイアスポアから構成されます。
  3. 酸化鉄の形成: かんらん石などの鉄を含む鉱物 輝石 酸化を受けて、ヘマタイトやゲーサイトが形成されます。 これは、ラテライト鉱床中の酸化鉄濃度の上昇に寄与します。
  4. シリカの浸出: 一次鉱物からのシリカの浸出は、しばしば酸性条件によって促進され、岩石基質から可溶性シリカの除去をもたらします。

鉱物組成における鉄とアルミニウムの重要性:

  1. 色: 酸化鉄、特にヘマタイトと針鉄鉱は、ラテライト鉱床の特徴的な赤または茶色の原因となります。 色の強さは、多くの場合、鉄の酸化の程度とラテライトの年齢を示します。
  2. 経済的意義: ラテライト系ボーキサイト鉱床には高濃度のアルミニウム鉱物が含まれているため、アルミニウム鉱石の供給源として経済的に価値があります。 アルミニウムは、航空宇宙、建設、輸送などのさまざまな産業で使用される重要な金属です。
  3. 土壌開発における役割: 鉄とアルミニウムはラテライト質土壌の発達に重要な役割を果たします。 これらのミネラルの蓄積は、土壌の構造、肥沃度、および栄養素の利用可能性に影響を与えます。
  4. 金属の抽出: ラテライト鉱床には、アルミニウムの他に、ニッケルやコバルトなどの経済的に重要な金属が含まれる場合があります。 これらの金属はラテライト内の特定の鉱物と結合していることが多く、工業用に抽出できます。

理解 鉱物学 ラテライト鉱床の調査は、これらの地層の組成と経済的可能性についての洞察を提供するため、資源の探査と抽出にとって不可欠です。 特定のミネラルの存在は、農業や建設などのさまざまな目的に対するラテライト質土壌の適合性にも影響します。

ラテライト鉱床の地球化学的特徴

モロワリ鉱床のラテライト層の写真と各層の代表的なサンプル。 ラテライトのプロフィール () と間の起伏のある境界 リモナイト そしてサプロライトの地平線 (B)。 岩石サンプルを下から上へ (C) > (D) 岩盤 (E)(J) 色で区別されるガーニエライトのサンプル。 Choi Y、Lee I、Moon I (2021) インドネシア、スラウェシ島のモロワリ ニ ラテライト鉱床からのガーニエライトの地球化学的および鉱物学的特徴。 フロント。 地球科学 9:761748。 土井: 10.3389/feart.2021.761748

ラテライト質土壌と岩石の化学組成:

  1. シリカ (SiO2): ラテライト土壌は、風化によるケイ酸塩鉱物の浸出により、シリカ含有量が減少することがよくあります。
  2. アルミニウム(Al): ラテライト鉱床は、特にギブサイト、ベーマイト、ダイアスポアなどの酸化アルミニウムの形態で、アルミニウム含有量が高いことが特徴です。
  3. 鉄(Fe): 鉄は、主にヘマタイトやゲーサイトなどの酸化鉄として大量に存在します。 ラテライト鉱床の赤または茶色は、これらの酸化鉄の結果です。
  4. チタン (ティ): チタンはラテライト鉱床に存在する可能性があり、多くの場合次のような鉱物と関連しています。 イルメナイト.
  5. ニッケル (Ni) およびコバルト (Co): 特定のラテライト鉱床にはニッケルおよびコバルト鉱物が豊富に含まれており、合金や電池の製造にとって経済的に重要です。
  6. リン(P): リンは、多くの場合リン酸塩鉱物の形でラテライト土壌に蓄積することがあります。
  7. マンガン (男性): マンガンはラテライト鉱床中に存在し、バーネサイトのような鉱物を形成することがあります。
  8. カリウム (K)、カルシウム (Ca)、マグネシウム (Mg): これらの元素は通常、土壌プロファイルから浸出して、ラテライト層の濃度が低くなります。

ラテライトプロファイル内の元素の分布:

  1. 表土 (A-Horizo​​n): この上層には有機物が豊富に含まれていることが多く、残留石英が含まれる場合があります。 酸化アルミニウムおよび酸化鉄も存在する可能性がありますが、それらの濃度は一般に、下にあるラテライト層に比べて低くなります。
  2. ラテライトの地平線 (B-地平線): この層は、鉄と酸化アルミニウムの濃度が高いことを特徴としています。 ギブサイトと針鉄鉱はここでよく見られる鉱物です。 特定のラテライト鉱床にはニッケルとコバルトが存在する場合があります。
  3. サプロライト (C-ホライズン): サプロライト、または部分的に崩壊した岩石には、特にラテライトのプロファイル発達の初期段階では、残留一次鉱物が含まれている可能性があります。 風化が進行すると、サプロライトはより風化して鉱物学的に変化した物質に変化します。

元素の移動性と濃度に影響を与えるプロセス:

  1. 浸出: シリカ、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの可溶性要素の除去は、浸出によって行われます。 このプロセスは、土壌プロファイルを介した水の浸透によって促進されます。
  2. 加水分解: 水による一次鉱物の分解により、カオリナイトやギブサイトなどの二次鉱物が形成されます。 加水分解はアルミニウムやその他の元素の濃度に影響を与える可能性があります。
  3. 酸化還元反応: カンラン石や輝石などの鉄含有鉱物が酸化すると、酸化鉄(赤鉄鉱や針鉄鉱)が形成されます。 これらの反応は、ラテライト鉱床中の鉄の濃度において重要な役割を果たします。
  4. 酸性化: 表土中の有機物の分解は土壌の酸性化を引き起こす可能性があります。 酸性条件では、シリカの浸出と酸化アルミニウムと酸化鉄の濃度が増加します。
  5. 微生物の活動: 微生物は、有機物の分解と土壌溶液への元素の放出に役割を果たします。 微生物の活動は、リンなどの元素の移動性に影響を与える可能性があります。

これらの地球化学プロセスを理解することは、ラテライト土壌の農業への適合性を評価する場合や、鉱物資源としてのラテライト鉱床の経済的可能性を評価する場合に不可欠です。 さらに、ラテライト断面の地球化学的特徴は、熱帯および亜熱帯地域における景観の進化と風化プロセスの理解に貢献します。

ラテライト鉱床の採掘と抽出

ラテライト鉱床の採掘技術:

  1. 露天掘り: これは、ラテライト鉱床を採掘する最も一般的な方法です。 露天掘りでは、表土(鉱石を覆う植生、土壌、岩石)を除去してラテライト物質を露出させます。 掘削機と運搬トラックは、さらなる処理のために鉱石を取り出して輸送するために使用されます。
  2. ストリップマイニング: 露天掘りと同様に、帯状採掘では、連続する帯状の表土を除去して鉱石を露出させます。 鉱体が広範囲に及ぶが、必ずしも深くない場合によく使用されます。
  3. 浚渫: 場合によっては、特に沖合のラテライト鉱床の場合、浚渫技術が使用される場合があります。 これには、海底からの物質の除去とその後の陸上での処理が含まれます。
  4. ヒープリーチング: 特定のラテライト鉱石、特にニッケルを含む鉱石の場合、ヒープリーチングが使用される場合があります。 これには、鉱石を山に積み上げ、次に浸出溶液を適用して目的の金属を抽出することが含まれます。
  5. 現場浸出: この方法では、浸出液を鉱体に直接注入し、金属を溶解して表面に汲み上げて処理します。

抽出における課題と環境への配慮:

  1. 侵食と堆積: 採掘中に植生や土壌が除去されると、近くの水域の浸食や堆積が増加し、水生生態系に影響を与える可能性があります。
  2. 水の汚染: ラテライト鉱石から金属を抽出するために使用される浸出プロセスでは、酸性で金属が豊富な水が放出され、地元の水源が汚染される可能性があります。
  3. 生物多様性への影響: 採掘のために広大な地域を伐採すると、生息地の破壊や分断が生じ、地元の動植物に影響を与える可能性があります。
  4. 森林破壊: 露天掘りでは多くの場合、広大な森林地帯の伐採が必要となり、森林破壊と生物多様性の損失につながります。
  5. 浮遊粉塵: ラテライト鉱石の採掘と輸送では、金属や鉱物を含む空中粉塵が発生し、大気の質や人間の健康に影響を与える可能性があります。
  6. リハビリテーションの課題: 土壌構造が変化し、植生を再導入する必要があるため、採掘後の景観の回復は困難な場合があります。
  7. 社会的影響: 採掘活動は、地域コミュニティの強制退去や伝統的な生活様式の変化など、社会的混乱を引き起こす可能性があります。

金属の生産におけるラテライト鉱床の経済的重要性:

  1. アルミニウムの生産: ラテライト質ボーキサイト鉱床はアルミニウム鉱石の主な供給源です。 アルミニウムは軽量で耐食性に優れた金属で、航空宇宙、建設、輸送などのさまざまな産業で使用されています。
  2. ニッケル生産: 一部のラテライト鉱床、特にニッケル含有鉱石が豊富な鉱床は、ニッケルの生産に不可欠です。 ニッケルはステンレス鋼の主要成分であり、電気自動車用バッテリーの製造にも使用されます。
  3. コバルトの生産: ラテライト堆積物は、充電式電池、特に電気自動車や電子機器で使用される電池の製造において重要な成分であるコバルトの供給源となる可能性があります。
  4. 鉄鉱石の生産: 特定のラテライト鉱床には酸化鉄が豊富に含まれており、世界的な鉄鉱石の生産に貢献しています。
  5. リン酸塩の生産: ラテライト土壌はリンをリン酸塩鉱物の形で蓄積し、肥料の生産に寄与します。

ラテライト鉱床の経済的重要性は重要ですが、環境および社会への影響を軽減するには、持続可能で責任ある採掘慣行が不可欠です。 ラテライト採掘作業による影響を最小限に抑え、全体的な持続可能性を向上させるために、技術と環境管理手法の進歩が継続的に検討されています。

ラテライト鉱床と農業

ラテライト質土壌が農業生産性に及ぼす影響:

  1. 栄養素含有量が低い: ラテライト土壌は、風化の過程でカリウム、カルシウム、マグネシウムなどの必須栄養素が浸出するために、肥沃度が低いことが特徴です。 その結果、栄養分が乏しい土壌ができてしまいます。
  2. 酸性pH: ラテライト土壌中の鉱物の風化は土壌の酸性化を引き起こす可能性があります。 酸性土壌は栄養素の利用可能性や微生物の活動に影響を与え、植物の成長に影響を与える可能性があります。
  3. 鉄とアルミニウムの含有量が高い: 鉄とアルミニウムはラテライト質土壌に豊富に含まれていますが、容易に吸収できる形で植物に容易に利用できるわけではありません。 これらの元素が高濃度に含まれると、植物の成長に悪影響を及ぼし、根の発達や栄養素の摂取に影響を与える可能性があります。
  4. 物理特性: ラテライト質土壌は、きめが粗く、保水力が低いため、水と栄養素の保持が困難になる場合があります。 これは、乾燥期に植物に干ばつストレスを引き起こす可能性があります。

ラテライト土壌の栄養成分と利用可能性:

  1. リン: 一部のラテライト土壌では、リン酸塩鉱物の形でリンが蓄積することがあります。 しかし、鉄および酸化アルミニウムの存在により、植物が利用できるリンは依然として制限されている可能性があります。
  2. 窒素: ラテライト土壌における窒素の利用可能性は、微生物の活動によって影響を受ける可能性があります。 窒素固定細菌は、大気中の窒素を植物が利用できる形に変換することで土壌の肥沃度に貢献します。
  3. カリウム、カルシウム、マグネシウム: これらの必須栄養素はラテライト土壌から浸出することが多く、その結果濃度が低くなります。 これらの栄養素の利用可能性は、植物の成長を制限する要因となる可能性があります。
  4. 微量元素: ラテライト土壌にはマンガンやマンガンなどの微量元素が含まれている可能性がありますが、 亜鉛、植物へのそれらの利用可能性は、土壌のpHと競合するイオンの存在によって影響を受ける可能性があります。

ラテライト地域における持続可能な農業のための戦略:

  1. 土壌改良: 堆肥やよく腐った肥料などの有機物を添加すると、ラテライト質土壌の構造と肥沃度を改善できます。 有機物は水分保持力を高め、必須栄養素を提供し、微生物の活動を促進します。
  2. ライムアプリケーション: 石灰は酸性土壌を中和し、土壌の pH を改善します。 ただし、悪影響を及ぼす可能性がある石灰の過剰摂取を避けるために、必要な石灰の量を慎重に計算する必要があります。
  3. 表紙のトリミング: 被覆作物を栽培すると、土壌を侵食から保護し、有機物を加え、生物学的固定を通じて窒素を供給できます。 カバークロップは土壌構造を改善し、栄養素の浸出を防ぐのにも役立ちます。
  4. 輪作と多様化: ラテライト質土壌にさまざまな作物を植えることは、栄養素の需要を管理し、土壌劣化のリスクを最小限に抑えるのに役立ちます。 作物が異なれば必要な栄養素も異なり、栄養循環に寄与する可能性があります。
  5. 精密農業: 変動施肥などの精密農業技術を使用すると、特定の土壌条件に基づいて栄養素の適用を最適化できます。 これにより、過剰肥料のリスクが軽減され、環境への影響が最小限に抑えられます。
  6. アグロフォレストリー: 農業システムに樹木や低木を導入すると、土壌の肥沃度と構造を強化できます。 これらの植物の根は有機物を提供し、栄養循環を助けます。
  7. 水管理: 効率的な灌漑を実施することは、特に乾燥期におけるラテライト土壌の保水能力の限界に対処するのに役立ちます。
  8. 保全耕作: 耕作を減らすか不耕起を行うことにより、土壌の撹乱を最小限に抑え、浸食を減らし、ラテライト土壌の保水性を向上させることができます。

ラテライト地域で持続可能な農業を実践するには、土壌の健康、水管理、生物多様性を考慮した総合的なアプローチが必要です。 地域の適応と農民の教育は、ラテライト土壌のある地域の農業生産性を向上させる成功戦略の重要な要素です。

世界中のラテライト鉱床

ラテライト鉱床は世界のさまざまな地域で発見されており、主に特定の地質学的および気候的条件がその形成を促進する熱帯および亜熱帯地域で見られます。 顕著なラテライト鉱床のある注目すべき場所には次のようなものがあります。

  1. 西アフリカ:
    • ギニア: ギニアは、ラテライト鉱床から得られるボーキサイトの世界有数の生産国の一つです。 Sangarédi と Boke 地域は特にボーキサイトが豊富です。
    • ガーナ: ガーナでもボーキサイト鉱床が発見されており、世界のアルミニウム産業における重要なプレーヤーとしての国の地位に貢献しています。
  2. 南アメリカ:
    • ブラジル: ブラジルには、大量のボーキサイト埋蔵量を含む広範なラテライト鉱床があります。 パラー州は、ジュルティ鉱山やトロンベタス鉱山などのボーキサイト鉱山で知られています。
  3. 東南アジア:
    • インドネシア: インドネシアはニッケルの主要生産国であり、ラテライト質ニッケル鉱床は、特にスラウェシ島とハルマヘラ島に広く分布しています。 この国にはボーキサイト鉱床もあります。
    • フィリピン: フィリピンも東南アジアの国で、特​​にスリガオ地域に大量のラテライト系ニッケル鉱床があります。
  4. オーストラリア:
    • 西オーストラリア: 西オーストラリア州のピルバラ地域には広範なラテライト鉄鉱石鉱床があり、オーストラリア全体の鉄鉱石生産に貢献しています。
  5. インド :
    • オリッサ: ボーキサイトを含むラテライト鉱床はオリッサ州で発見されています。 インドは重要なアルミニウム鉱石であるボーキサイトの著名な生産国です。
  6. カリブ海:
    • ジャマイカ: ジャマイカには膨大なボーキサイト埋蔵量があり、この島国の鉱山活動は歴史的に世界のアルミニウム産業において重要な役割を果たしてきました。
  7. アフリカ – その他の地域:
    • シエラレオネ: シエラレオネにはボーキサイト鉱床が存在し、この国の鉱物資源の富に貢献しています。
    • マダガスカル: ラテライト質ニッケル鉱床はマダガスカルで発見されており、アンバトビー鉱山はニッケルとコバルトの主要生産国です。
  8. 太平洋諸島:
    • ニューカレドニア: ニューカレドニアは広大なニッケル鉱床で知られ、世界のニッケル生産に大きく貢献しています。 ゴロ高原にあるようなラテライト質ニッケル鉱山は、経済に大きく貢献しています。
  9. 中央アジア:
    • カザフスタン: カザフスタンの一部の地域にはニッケルを含むラテライト鉱床があり、国の鉱物資源の富に貢献しています。

ラテライト鉱床の存在と経済的実行可能性は地域によって異なることに注意することが重要です。 これらの鉱床は、アルミニウムやニッケルなどの必須金属の世界的な供給において重要な役割を果たし、それぞれの地域のさまざまな産業や経済発展を支えています。