ダイヤモンドは世界で最も貴重で貴重な宝石の XNUMX つであり、その卓越した硬度、輝き、耐久性で知られています。 それらは、激しい熱と圧力の下で何百万年もかけて地球の奥深くで形成され、通常は次の場所で見られます。 キンバーライト パイプまたは沖積 預金.

ダイヤモンドの重要性は、さまざまな業界で広く使用されていることにあります。 宝飾業界では、ダイヤモンドはその美しさと希少性が高く評価されており、素晴らしい高級ジュエリーの製作に使用されています。 ダイヤモンドの価値は、カラット重量、カラー、クラリティ、カットという有名な「4 C」によって決まります。

ダイヤモンドは、その極めて高い硬度や熱伝導率などの独特の物理的特性により、産業分野でも広く使用されています。 切削工具、研磨研磨剤、電子機器のヒートシンクなどに使用されています。

ダイヤモンドは、審美的および工業的用途に加えて、金融業界でも重要な役割を果たしてきました。 ダイヤモンドの取引と投資は数十億ドル規模の産業であり、主要なダイヤモンドセンターはアントワープ、ドバイ、ムンバイなどの都市にあります。

全体的に見て、ダイヤモンドは複数の業界にわたって高く評価され重要であり、世界経済の重要な部分となっています。

協会:フォルステライト、 金雲母, パイロープ, 透輝石, イルメナイト (キンバーライト パイプ); イルメナイト、 ガーネット, ルチル、ブルッカイト、 アナターゼ, ヘマタイト, マグネタイト, トルマリン, ゴールド, ジルコン, トパーズ (プレーサー)。

ダイヤモンドがどのように形成されるかについての説明

ダイヤモンドは、地球のマントルの奥深く、地表から約 140 ~ 190 キロメートル下で形成されます。 ダイヤモンドの形成は、圧力、温度、化学組成などの特定の条件を必要とする複雑なプロセスです。

ダイヤモンドは、激しい熱と圧力にさらされた炭素原子から形成されます。 高圧は通常、上にある岩石や堆積物の重量によって発生し、高温は地球の内部熱によって発生します。

ダイヤモンドの形成プロセスは、有機物や二酸化炭素などの炭素が豊富な材料が高圧と高温にさらされるときに始まります。 これにより、炭素原子が結晶構造内で結合し、ダイヤモンド結晶が形成されます。

これらのダイヤモンド結晶は、火山の噴火によって地表に運ばれます。 ダイヤモンドは火山のマグマに運ばれ、冷えて固まって形成されます。 火成岩。 これら キンバーライトまたはランプロアイトと呼ばれる、原石の状態でダイヤモンドが含まれています。

火山の噴火に加えて、ダイヤモンドは浸食や浸食によって地表に現れることもあります。 風化 既存のキンバーライトパイプまたは沖積堆積物の。 時間が経つにつれて、これらのプロセスによりダイヤモンドを含む岩石が露出し、採掘が可能になります。

全体として、ダイヤモンドの形成は、地球のマントルの奥深くで何百万年にもわたって起こる複雑なプロセスです。 結果として得られるダイヤモンドは、その稀少性、美しさ、耐久性の点で高く評価されており、世界で最も貴重で人気のある宝石の XNUMX つとなっています。

ダイヤモンド形成の地質環境

ダイヤモンドは、特定の地質条件下で地球のマントルの奥深くで形成されます。 ダイヤモンドが形成される地質環境は、通常、長期間にわたって高圧と高温にさらされた地球のマントルの領域に関連しています。

ダイヤモンドは通常、キンバーライト パイプと漂砂鉱床という XNUMX つの地質環境で見つかります。 キンバーライト パイプは、地球のマントルから発生し、地殻を通って伸びる垂直な円筒形の構造です。 これらのパイプは、マントルのマグマやその他の物質が火山の噴火によって地表に上昇するときに形成されます。 マグマには、地球のマントルの奥深くで形成されたダイヤモンドが含まれています。 時間の経過とともに、キンバーライトのパイプが侵食されてダイヤモンドが放出され、採掘に利用できるようになります。

一方、沖積堆積物は、既存のキンバーライトパイプの浸食と風化によって形成されます。 時間の経過とともに、パイプからの物質は水またはその他の自然プロセスによって近くの川、小川、または海岸に運ばれます。 材料が沈むと、重くなります。 ミネラルダイヤモンドを含む、砂岩は沖積鉱床に集中します。

ダイヤモンドの形成に必要な地質条件には、高圧、高温、炭素源などが含まれます。 高圧は通常、上にある岩石や堆積物の重量によって発生し、高温は地球の内部熱によって発生します。 炭素源は有機物または二酸化炭素に由来します。

全体として、ダイヤモンド形成のための地質環境は複雑であり、特定の条件が必要です。 結果として得られるダイヤモンドは、その希少性と美しさで高く評価されており、世界で最も人気のある宝石の XNUMX つとなっています。

ダイヤモンドの形成プロセス

ダイヤモンドの形成プロセスは、地球のマントルの奥深くで行われる複雑で長いプロセスです。 ダイヤモンドの形成には、圧力、温度、化学組成などの特定の条件が必要です。

このプロセスは、地球のマントルの深部で高圧と高温にさらされる、有機物や二酸化炭素などの炭素が豊富な物質の存在から始まります。 高圧は通常、上にある岩石や堆積物の重量によって発生し、高温は地球の内部熱によって発生します。

このような極端な条件下では、材料内の炭素原子が結晶構造で結合し、ダイヤモンド結晶が形成されます。 これらの結晶が形成されるまでには数百万年、さらには数十億年かかることがあります。

ダイヤモンドが形成されると、火山の噴火によって地表に運ばれる可能性があります。 ダイヤモンドは火山のマグマ中に運ばれ、冷えて固まって火成岩になります。 キンバーライトまたはランプロアイトと呼ばれるこれらの岩には、原石の状態でダイヤモンドが含まれています。

場合によっては、既存のキンバーライト パイプや漂砂鉱床の浸食や風化によってダイヤモンドが地表に現れることもあります。 時間が経つにつれて、これらのプロセスによりダイヤモンドを含む岩石が露出し、採掘が可能になります。

全体として、ダイヤモンドの形成プロセスは複雑であり、特定の地質条件下で数百万年、さらには数十億年にわたって発生します。 結果として得られるダイヤモンドは、その稀少性、美しさ、耐久性の点で高く評価されており、世界で最も貴重で人気のある宝石の XNUMX つとなっています。

ダイヤモンドが形成される XNUMX つの主なプロセス

ダイヤモンドが形成される主なプロセスは、マントル プロセスと沈み込みプロセスの XNUMX つです。

  1. マントルプロセス: これはダイヤモンド形成の最も一般的なプロセスです。 ダイヤモンドは、地球の表面から約 140 ~ 190 キロメートル下の地球のマントルの奥深く、高圧と高温の下で形成されます。 高圧は通常、上にある岩石や堆積物の重量によって発生し、高温は地球の内部熱によって発生します。 このような極端な条件下では、炭素原子が結晶構造で結合し、ダイヤモンド結晶が形成されます。 これらのダイヤモンド結晶は火山の噴火によって地表に運ばれ、キンバーライト パイプやランプロアイトの中で発見されます。
  2. 沈み込みプロセス: このプロセスには、あるプレートが別のプレートの下に押し込まれる沈み込みのプロセスを通じて、海洋地殻が地球のマントルにリサイクルされることが含まれます。 このプロセス中に、沈み込むプレートからの炭素豊富な物質がマントルに取り込まれる可能性があります。 高圧および高温下では、この材料はダイヤモンド結晶を形成することができます。 この方法で形成されたダイヤモンドは、通常、火山の噴火によって地表にもたらされた岩石内で微細な結晶の形で見つかります。

これらのプロセスは両方ともダイヤモンドの形成につながりますが、マントル プロセスの方がはるかに一般的であり、世界のダイヤモンドの大部分が生産されます。

ダイヤモンド形成における圧力と温度の役割

ダイヤモンドの形成においては、圧力と温度の役割が重要です。 ダイヤモンドは、圧力と温度が非常に高い地球のマントルの奥深くで形成されます。 ダイヤモンドの形成に必要な条件には、高圧、高温、炭素源が含まれます。

圧力は、単位面積あたりの物体にかかる力の尺度です。 マントル内の圧力は 725,000 平方インチあたり最大 50,000 ポンド (120,000 気圧) に達することがあります。これは海面の大気圧の XNUMX 倍以上です。 マントル内の高圧により炭素原子が結晶構造で結合し、ダイヤモンド結晶が形成されます。

温度もダイヤモンドの形成において重要な要素です。 マントルの温度は最高 2,200 度 (華氏 3,992 度) に達することがあります。 高温により炭素原子がより動きやすくなり、結合してダイヤモンド結晶が形成されます。

高圧と高温の組み合わせにより、ダイヤモンド形成のための安定した環境が生み出されます。 炭素原子は密に詰まった構造で結合し、結晶格子を形成します。 この格子構造は、ダイヤモンドに極度の硬度、高熱伝導率、高屈折率などの独特の物理的および化学的特性を与えます。

全体として、ダイヤモンド形成における圧力と温度の役割は重要です。 地球のマントルの奥深くで見られる極端な条件がなければ、ダイヤモンドは形成されません。 結果として得られるダイヤモンドは、その希少性と美しさで高く評価されており、世界で最も貴重で人気のある宝石の XNUMX つとなっています。

ダイヤモンドの結晶化と成長のプロセス

ダイヤモンドの結晶化と成長は、地球のマントルの奥深くの高圧高温条件下で起こる複雑なプロセスです。 このプロセスは完了するまでに数百万年かかる場合があり、次の段階が含まれます。

  1. 核形成: ダイヤモンドの形成は、ダイヤモンド結晶の核生成から始まります。 これは、マントル内の炭素原子が集まり、結晶構造で結合するときに発生します。 核生成のプロセスはランダムであり、ダイヤモンド形成に適切な条件が整っているマントル内のどこでも発生する可能性があります。
  2. 成長性: ダイヤモンドの核が形成されると、結晶格子に炭素原子が追加されて成長し始めます。 炭素原子は、流体または溶岩の動きによってマントルを通って成長中のダイヤモンド結晶に輸送されます。 ダイヤモンドが成長するにつれて、既存の結晶格子に炭素原子が結合し、より大きく複雑になります。
  3. マントル輸送: ダイヤモンドがある程度の大きさに成長すると、火山の噴火によって地表に運ばれることがあります。 ダイヤモンドは火山のマグマ中に運ばれ、冷えて固まって火成岩になります。 キンバーライトまたはランプロアイトと呼ばれるこれらの岩には、原石の状態でダイヤモンドが含まれています。
  4. 風化と浸食: 時間の経過とともに、ダイヤモンドを含む岩石は風化と浸食によって表面に露出します。 その後、ダイヤモンドは採掘によって抽出され、宝石として販売されるように加工されます。

ダイヤモンドの成長速度は非常に遅く、通常は年間わずか数マイクロメートルです。 この成長速度の遅さは、マントル内の炭素濃度が低いことと、成長中のダイヤモンド結晶に炭素を輸送することが難しいためです。 結果として得られるダイヤモンドは、その希少性と美しさで高く評価されており、世界で最も貴重で人気のある宝石の XNUMX つとなっています。

ダイヤモンドの化学的性質

ダイヤモンドは、結晶格子構造に配置された炭素原子で構成される天然鉱物です。 その結果、次のような多くのユニークな化学的特性を備えています。

  1. 硬度: ダイヤモンドは既知の天然物質の中で最も硬いもので、モース硬度スケールでは 10 と評価されます。 これは、他のダイヤモンド以外の素材によって傷が付いたり損傷されたりすることがないことを意味します。
  2. 高融点:ダイヤモンドは融点が約3,500℃と非常に高く、熱や熱衝撃に非常に強いです。
  3. 化学的安定性: ダイヤモンドは化学的に非常に安定しており、酸や塩基を含むほとんどの物質と反応しません。 この特性により、過酷な環境や腐食性の環境での使用に理想的な材料となります。
  4. 低い反応性: ダイヤモンドは電気と熱の伝導率が低く、他の多くの元素や化合物とは反応しません。
  5. 屈折率: ダイヤモンドは屈折率が高いため、他のほとんどの素材よりも光が曲がり、速度が遅くなります。 この特性により、ダイヤモンドに特有の輝きと輝きが与えられます。
  6. 炭素含有量: ダイヤモンドはほぼ完全に炭素で構成されており、窒素や窒素などの他の元素が微量に含まれています。 ほう素。 この高い炭素含有量がダイヤモンドに独特の特性を与え、世界で最も価値があり、人気の高い宝石の XNUMX つとなっています。

全体として、ダイヤモンドの独特の化学的特性により、ダイヤモンドは、切断および研磨工具、エレクトロニクス、宝飾品、科学研究など、幅広い産業および商業用途にとって価値のある素材となっています。

ダイヤモンドの物性

Color 無色、淡黄色から濃い黄色、褐色、白色、青白色。 頻度は低いですが、オレンジ、ピンク、緑、青、赤、グレーから黒です。
条痕 無色
光沢 アダマンティンから脂っこい
透明性 透明、半透明、不透明
切断 111 四方向に完璧
透視性 透明から半透明、半透明へ
モース硬度 10
比重 3.52 0.01±
診断プロパティ 硬度、熱伝導率、結晶形、屈折率、分散。
クリスタルシステム アイソメトリック
粘り強さ 脆い
骨折 不規則・不均一
密度 3.5 ~ 3.53 g/cm3 (測定値) 3.515 g/cm3 (計算値)

ダイヤモンドの光学特性

ダイヤモンドには多くのユニークな特徴があります 光学特性 そのため、世界で最も貴重な宝石のXNUMXつとなっています。 これらのプロパティには次のようなものがあります。

  1. ブリリアンス: ダイヤモンドは屈折率が高いため、他のほとんどの素材よりも光が曲がり、速度が遅くなります。 この特性により、ダイヤモンドに特有の輝きと輝きが生まれ、宝飾品として高く評価されています。
  2. 分散系: ダイヤモンドは分散性も高く、白色光をその構成色に分解し、ファイアとして知られる虹のような効果を生み出します。
  3. 透明性: ダイヤモンドは可視光線に対して透明です。つまり、光を散乱や吸収せずに通過させます。 この特性は宝石では高く評価されており、ダイヤモンドがジュエリーとして人気がある理由の XNUMX つです。
  4. 光沢:ダイヤモンドは光沢が高く、非常に磨かれて光沢のある状態で光を反射することを意味します。 この特性により、ダイヤモンドに滑らかでガラスのような外観が与えられ、ジュエリーやその他の装飾用途で非常に珍重されています。
  5. 複屈折性: ダイヤモンドは複屈折性です。つまり、異なる方向で異なる屈折率を持ちます。 このプロパティを使用して、画像の二重化や分割などの光学効果を作成できます。

全体として、ダイヤモンドの光学的特性により、ダイヤモンドは世界で最も美しく価値のある宝石の XNUMX つとなります。 その輝き、火、光沢は、その耐久性と希少性と相まって、愛と献身の象徴であり、何世紀にもわたって非常に貴重な所有物となっています。

発生

ダイヤモンドは、世界中のさまざまな地質環境で発見されます。

  1. キンバーライトパイプ: ダイヤモンドの大部分は、ダイヤモンドやその他の鉱物を地表にもたらす火山パイプであるキンバーライト パイプ内で形成されます。 キンバーライト パイプは通常、古代のクラトンまたは安定した大陸地域で発見され、多くの場合、深部に根付いたマントル源と関連付けられています。
  2. ランプロイト: ダイヤモンドはランプロアイトでも見つかります。ランプロアイトはキンバーライトに似ていますが、通常はより若くて不安定な地質領域に関連付けられます。
  3. 沖積鉱床: ダイヤモンドの中には、元の岩石から侵食され、川や小川によって下流に運ばれ、沖積鉱床に蓄積されるものもあります。 漂砂ダイヤモンド鉱床は、川床、海岸、その他の堆積環境で見つかります。
  4. 海洋堆積物: ダイヤモンドは海洋鉱床、特にアフリカの沿岸地域でも見つかります。ダイヤモンドは陸上の鉱床から浸食され、川や海流によって沖合に運ばれます。

全体として、ダイヤモンドの産出は、特定の地域の地質学的歴史や地殻活動と密接に関連しています。 鉱物学 そして地球のマントルの化学。 ダイヤモンドは希少で貴重な鉱物であるため、通常は比較的小規模で孤立した鉱床、多くの場合世界の遠隔地またはアクセスできない地域で発見されます。

用途地域

工業用ダイヤモンド

工業用ダイヤモンドは、合成的に製造されるか、天然鉱床から除去されます。 工業用のカッターとして使用されています。 一般に工業用ダイヤモンドは形状が不規則で欠陥がありますが、現代の金属加工や採掘において非常に重要です。天然には XNUMX 種類あります。 これらはバラス、ボルト、カルボナドです。

バラス 小さなダイヤモンド結晶の球状の塊で構成されています。 バラスは非常に硬く、硬く、分離するのが困難です。 主な産地はブラジルと南アフリカです。 ブラジル産のはちみつはさらに難しいと言われています。

BORT インクルージョンや不純物によって引き起こされる、灰色から黒色の大きなダイヤモンドです。 掘削穴は平均 20 個の平均的な丸い石で構成され、ダイヤモンド ドリル ビットで使用されます。 最低グレードのダイヤモンドである粉砕鋼は鋼乳鉢で粉砕され、さまざまなサイズの砥石に分類されます。 世界のブレイクボルドゥの 75 パーセントはコンゴ産です。 その主な用途は、超硬金属切削工具を研ぐための砥石車の製造ですが、ラッピングや研磨のために油または水に浮遊させた遊離砥粒としても使用されます。

Carbonado商業的にカーボンとして知られている、黒色の不透明なダイヤモンドです。 結晶化したダイヤモンドと同じくらい硬いですが、脆性は少なく、構造がわずかに多孔質であるため、比重が低くなります (3,51 ~ 3,29)。 カーボナードには離型性がないため、ダイヤモンド工具での使用に価値があります。 通常、バイーア州、ブラジル、ボルネオ島で光沢のある小石の中に小さな塊で見られますが、中央アフリカ共和国やシベリアでも見られます。 新資源の探査に広く使用されているロックコアドリル 鉱床、中空の金属ドリルヘッドの周りにダイヤモンドを組み立てることによって作られます。

ダイヤモンドは宝石です

世界で最も人気のある石ダイヤモンド。 高い割合で光を反射します。 白色光がダイヤモンドを通過すると、この高い分散により光が成分色に分類されます。 分散により、プリズムは白色光をスペクトルの色に分離できるようになります。

販売

ダイヤモンドは世界の多くの地域で発見されていますが、ダイヤモンド鉱床の分布は非常に不均一です。 ダイヤモンドの大部分は、次のようなわずか数か国で生産されています。

  1. ロシア: ロシアは世界最大のダイヤモンド生産国であり、その生産量のほとんどはシベリア北東部のヤクート地域から来ています。
  2. ボツワナ: ボツワナは世界で第 XNUMX 位のダイヤモンド生産国であり、その生産量のほとんどはオラパ鉱山とジュワネン鉱山から来ています。
  3. カナダ: カナダはダイヤモンドの重要な生産国であり、主な鉱山はノースウェスト準州とオンタリオ州にあります。
  4. オーストラリア: オーストラリアはダイヤモンドの主要生産国であり、主な鉱山は西オーストラリア州とノーザンテリトリーにあります。
  5. コンゴ民主共和国: DRC はダイヤモンドの重要な生産国であり、その生産量のほとんどはカサイ州とカサイ・オリエンタル州で生産されています。

少量のダイヤモンドを生産する他の国には、アンゴラ、南アフリカ、ナミビア、ブラジル、インドなどがあります。

ダイヤモンド生産の大部分は少数の企業によって管理されており、歴史的に世界のダイヤモンド市場に大きな影響力を持ってきたことは注目に値します。 しかし、近年、ダイヤモンドの採掘と流通におけるフェアトレードと持続可能な慣行を促進する取り組みにより、ダイヤモンド業界の透明性と倫理的な調達の向上が求められています。

ダイヤモンドの探査と採掘

ダイヤモンドの探査と採掘には、地球の地殻からダイヤモンドを含む岩石を見つけて抽出し、加工するように設計された一連の複雑なプロセスが含まれます。 このプロセスには、次のようないくつかの段階が含まれる場合があります。

  1. 地質調査: ダイヤモンド探査の最初のステップは、潜在的なダイヤモンド鉱床を特定するために地質調査を実施することです。 これには、岩石、土壌、堆積物の組成やその地域の地球物理的特性などの地質データの分析が含まれます。
  2. 探鉱: 潜在的なダイヤモンド鉱床が特定されたら、次のステップは探鉱です。 これには、現場を物理的に検査して、キンバーライトやランプロアイトなどのダイヤモンドを含む岩の兆候を探すことが含まれます。
  3. 掘削: 探査の後、次のステップは掘削です。 これには、分析用の岩石サンプルを収集するために地面にボーリング穴を掘削することが含まれます。 穴あけプロセスは費用と時間がかかる場合がありますが、ダイヤモンド堆積物のサイズ、形状、品質を決定するためには不可欠です。
  4. 採掘: 掘削の結果、ダイヤモンドを含む岩の存在が示された場合、次のステップは採掘です。 ダイヤモンドの採掘には主に露天掘りと地下採掘の XNUMX つの方法があります。 露天掘りでは、ダイヤモンドを含む岩石を抽出するために大きな露天掘りが行われますが、地下採掘では、ダイヤモンド鉱床に到達するためにトンネルや立坑を掘ることが含まれます。
  5. 加工: ダイヤモンドを含む岩石が抽出されたら、次のステップは加工です。 これには、岩石を粉砕および研磨してダイヤモンドを取り出し、その後、重力分離や磁気分離などのさまざまな技術を使用して他の鉱物から分離することが含まれます。
  6. 選別と評価:ダイヤモンドが抽出されて処理された後の最後のステップは、選別と評価です。 これには、サイズ、形状、品質によってダイヤモンドを分類し、市場の需要やその他の要因に基づいて価値を付けることが含まれます。

全体として、ダイヤモンドの探査と採掘は複雑で高度に規制されたプロセスであり、特殊な機器、熟練した労働力、注意深い環境管理が必要です。 さまざまな課題があるにもかかわらず、ダイヤモンド採掘は世界の主要産業であり、その価値は年間 15 億ドルを超えると推定されています。

要点のまとめ

  • ダイヤモンドは、極度の圧力と温度条件下で地球のマントルの奥深くで形成され、火山活動によって地表にもたらされます。
  • ダイヤモンドが形成される XNUMX つの主なプロセスは、炭素が豊富な地殻岩の沈み込みと、沈み込み帯でのメタンの酸化です。
  • ダイヤモンドの形成に必要な圧力と温度の条件は、通常、地球のマントルの深さ 150 ~ 200 キロメートルにあります。
  • ダイヤモンドの探査と採掘は、ダイヤモンド鉱床が遠隔地にあり、多くの場合住みにくい場所にあること、また採掘活動が環境や社会に与える影響により、困難を伴う場合があります。
  • ダイヤモンドは、輝き、分散、透明性、硬度など、多くの独特な光学的および物理的特性を備えているため、ジュエリーやその他の用途で高く評価されています。
  • 世界中のダイヤモンド鉱床の分布は非常に不均一であり、生産の大部分はロシア、ボツワナ、カナダ、オーストラリアを含むわずか数か国から来ています。
  • 透明性と公正な取引に重点を置き、ダイヤモンドの採掘と流通におけるより持続可能で倫理的な慣行を促進する取り組みが行われています。

ダイヤモンドに関するよくある質問

ダイヤモンドとは何ですか?

ダイヤモンドは、結晶格子構造に配置された純粋な炭素原子で構成される天然鉱物です。

ダイヤモンドはなぜそれほど価値があるのでしょうか?

ダイヤモンドは、輝き、ファイア、硬度などの独特の光学的および物理的特性で高く評価されています。 さらに、ダイヤモンドの希少性と採掘とカットの複雑なプロセスにより、ダイヤモンドの価値が高まります。

ダイヤモンドはどのように形成されるのでしょうか?

ダイヤモンドは、極度の圧力と温度条件下で地球のマントルの奥深くで形成され、火山活動によって地表にもたらされます。

ダイヤモンドの品質を表す 4C とは何ですか?

ダイヤモンドの品質を表す 4C は、カラット重量、カット、カラー、クラリティです。 これらの要素は、ダイヤモンドの全体的な品質と価値を評価するために使用されます。

ダイヤモンド鑑定書とは何ですか?

ダイヤモンド証明書は、4C や独自の特徴や欠陥など、特定のダイヤモンドの品質と特性に関する情報を提供する公式文書です。

紛争ダイヤモンドとは何ですか?

ブラッド ダイヤモンドとしても知られる紛争ダイヤモンドは、戦闘地域で採掘され、政府に対する武力紛争の資金調達のために販売されたダイヤモンドです。

購入するダイヤモンドが倫理的に調達されたものであることを確認するにはどうすればよいですか?

Kimberley Process Certification Scheme や Responsible Jewellery Council などの独立した第三者機関によって認定されたダイヤモンドを探すことで、購入するダイヤモンドが倫理的に調達されたものであることを確認できます。

一般的なダイヤモンドのカットにはどのようなものがありますか?

一般的なダイヤモンドのカットには、ラウンド、プリンセス、 エメラルド、ペア、マーキス、オーバル、クッション、ラディアント カット。

ダイヤモンドは合成できるのでしょうか?

はい、ダイヤモンドは、高圧高温 (HPHT) または化学蒸着 (CVD) として知られるプロセスを通じて合成的に作成できます。 これらの合成ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと同じ化学的および物理的特性を持っています。

ダイヤモンドは永遠ですか?

ダイヤモンドは耐久性があり長持ちする素材ですが、損傷したり紛失したりする可能性があります。 「ダイヤモンドは永遠である」というフレーズは、科学的事実というよりは、マーケティングのスローガンに近いものです。

参考文献

  • ボーネウィッツ、R. (2012)。 岩石と鉱物。 第2版ロンドン: DK Publishing。
  • Handbookofmineralogy.org。 (2019年)。 鉱物学のハンドブック。 [オンライン] http://www.handbookofmineralogy.org [4 年 2019 月 XNUMX 日にアクセス] から入手できます。
  • Mindat.org。 (2019年)。 ダイヤモンド: 鉱物情報、データ、産地.. [オンライン]: https://www.mindat.org/min-727.html [4 年 2019 月 XNUMX 日にアクセス]。
  • JJ ガーニー、HH ヘルムシュテット、SH リチャードソン (2010)。 北アメリカ西部のキンバーライトとランプロイト: 第 2 巻、パート II。 カナダ: カナダ地質学会。
  • Shigley、JE、および Breeding、CM (2013)。 ダイヤモンドの起源の研究: 歴史的概要。 宝石と宝石学、49(1)、4-34。
  • スミル、V. (2015)。 ダイヤモンド: 世界で最も切望されるものの世界史 原石。 エール大学プレス。
  • スタッチェル、T.、ハリス、JW、およびミューレンバッハス、K. (2015)。 ダイヤモンドの起源: 歴史的視点。 ダイヤモンドの地質学と起源 (1-26 ページ)。 スプリンガー。
  • ダイヤモンドルーペです。 (2022年)。 2022 年の国別ダイヤモンド生産量。以下から取得 https://www.thediamondloupe.com/diamond-production-country